サブォワのワイン会…

他には…

サブォワのチーズ、ルブロッション

アボンダンス

ルブロッションには、2度絞るという意味があります。その昔、領主さんに、搾乳量に応じてミルクを納めなくてはならなくて、1度目全て絞ってしまわず、計測が終わったあと、こっそりまた残りを絞ったんだとか。その、2度目に絞った濃いミルクでチーズを作ったので、名前の由来になってます。

アボンダンスは、土地の名前でもあり、アボンダンスという牛の名前でもあります。チーズの外皮を塩水に溶かして漬けるという作業を繰り返し繰り返し行っています。